多摩発!先端技術でグローバルにチャレンジ! 東洋システム株式会社

社員からメッセージ

HOME > 採用情報 > 社員からメッセージ
小野寺 孝久

【入社年】2013年
【出身地】北海道
【出身学校名等】創価大学大学院 工学研究科

小野寺 孝久
東洋システムを選んだ理由を教えてください

学生時代はプログラミングについて学んでおり、ソフトウエアの開発を手掛ける企業を目指していました。東洋システムのことを知ったのは、大学のキャリアセンターからの紹介です。
面接のときの話ですが、社長やマネージャーとお会いした際に、いろいろ親身になって私の話を聞いていただけたんですね。さらに面接後には、社長のSNSで「今日はありがとうございました」というメッセージを送ってくれたり。
システム会社というとクールなイメージがあったのですが、東洋システムは経営層がとても温かい。実際に入社して、先輩社員も温かくアットホームな雰囲気で、それは経営層の人情味があるからだと思いましたね。

現在の仕事内容は?

現在はクライアント先に常駐して、当社が開発し導入いただいた生産管理支援システム(PCSS)の保守管理全般を任されています。
具体的には主に3つの仕事があります。1つ目が「定常チェック」。これは、クライアントのシステムが正常に動いているかを確認する作業です。クライアントは東証一部上場の大企業で、部署ごとにさまざまなシステムを使って入力されています。そこを連携して同期をとり、入力した情報が別の部署でも反映されているかをチェックする作業です。これがクライアントの生産管理を支えているのですから、非常に神経を使う作業です。

小野寺 孝久

2つ目が「ヘルプデスク」。クライアントからシステムの使い方やエラーなどが起きたときのお問い合わせ窓口です。すぐに解決できるものもあれば、「もっと使いやすくならない?」と改善の要望を寄せられることもあります。これが3つの「システム改善や新機能の開発」という仕事につながっていきます。

やりがいを感じるときは、どんなときですか?

ユーザーがこうしてほしいとか、こうすれば使いやすくなるのにという要望をくみ取って、それが実現できたとき。その要望をかなえられるのは自分たちしかいないんです。クライアントのビジネスに貢献できたときは、すごくやりがいを感じますね。それに、ユーザーから質問を受けるたびに自分の知識も増えていくので、ありがたい環境だなとも思います。
また、私の部署では原則、仕事(案件)は個々に任されているのですが、自分の意見とかアイデアとか自由に考えたり反映させてくれる場が東洋システムにはあります。責任も重大ですが、不明点は先輩が方向性を決めてくださったりレビューしていただいたりとサポートされながらでも自分一人でやり遂げられるというのも、達成感につながりますね。

夢や今後の意気込みなどを教えてください。

今後は自分の手で1から開発できるように、もっと勉強して成長していきたいですね。将来、自分が作ったシステムを、後輩たちがサポートしていくようなものができればと思います。 東洋システムには、1からITに関するモノづくりができる環境があります。なぜなら、当社の社長はとてもバイタリティのある方で、いつも誰かに会って地域や同業者のために活動しています。こうした活動から、新たなビジネスが生まれてくるのです。
逆にどんな案件がもらえるのかわからないので、あらゆる業務知識を増やしていきながら、社会の動向も見極めつつ、勉強していきたいですね。

小野寺 孝久
山田 祥子マネージャー

【入社年】2000年
【出身地】東京都
【出身学校名等】東京電子専門学校

山田 祥子
東洋システムを選んだ理由を教えてください

前職も情報システム関連の仕事をしていたのですが、結婚と出産を機に退社。しばらく育児に追われる日々が続いていたのですが、また同じような仕事に復帰したくなり、なるべく自宅から近いところで探していたところ、縁あって東洋システムに入社できました。
東洋システムには、私のように子育てと両立しながら働いている女性社員も結構います。有給や育休なども取りやすいですし、それだけ女性の働きやすい環境がある会社だと、入社してから思いましたね。

現在の仕事内容は?

お客様先に常駐して、既存システムの保守・運用や改善、さらに新規案件の開拓なども行っています。
保守・運用業務は、生産管理や物流、販売系などいくつものシステムを取りまとめつつ、ヘルプデスクとしてクライアントからのご要望やお悩みなどに対して改善するのがメインの仕事です。
クライアントがあってのビジネスですから、お客様の目線で困っていることを把握するために、できる限り密にコミュニケーションを取るよう努めています。
例えば、私はグループリーダーということもあってクライアントの定例会議に参加することが多いのですが、後輩たちにもできるだけ参加するよう促しています。

山田 祥子

ヘルプデスク業務は基本的に電話対応ですが、実際にお客様に会える機会があることで互いの距離が縮まりますし、お客様の目線を理解できる力を養うことにもつながりますから。

リーダーとして、新人教育も行っているのですか?

私のチームでは、私だけがいろいろ教えるというより、みんなで育てていこうという体制を取っています。新人の方だけでなく、困っていることがあればみんなに共有して、みんなで解決させていこうと。互いにフォローし合うことで、新人もベテランもスキルアップできますし、一人で問題を抱え込むといったことも防げます。
後輩たちが自分たちの力で課題を乗り越え、成長していく姿を見ることが私自身のやりがいにつながっています。入社して○年なのに、頑張っているなあって。まるで、子育てのようですよ。

山田 祥子
どんな人に東洋システムへ入社してほしいですか?

システム開発は細かい作業が多いので、そうした作業もきちんとできる人。モノづくりが好きな人にとって、新しいシステムを開発しているときは本当に「天職」に感じるでしょう。
ですが、クライアントがあってのビジネスですから、リリース前には細かなテストを何度も繰り返し行わなければなりません。テストパターンをいろいろ作成してチェックするという作業は、実に細かくて辛く感じることもあります。
そんな辛さを乗り越えて、次のステージにステップアップできる、そう思える「向上心」がある方には、ぜひチャレンジしていただきたいですね。
また、コミュニケーション能力も求められる世界ですから、その能力に長けた方も歓迎したいです。

夢や今後の意気込みなどを教えてください。

東洋システムに入って14年が経ち、システムに関することはもちろんクライアントの業務内容も含め、多くの知識を得てきました。こうした知識を後輩たちに伝え、いま私がいる立場の人間に育てることが、夢というか目標ですね。

邢 朋朋チームリーダ

【入社年】2008年
【出身地】中人民共和国 山東省 徳州市
【出身学校名等】西北工業大学 ソフトウエア学院

邢 朋朋
東洋システムを選んだ理由を教えてください

大学4年生の時に、就職活動中、大学で当社からの求人情報を見たのがきっかけです。同じ大学の先輩たちが当社に就職し日本で活躍していたこともあり、当社に応募しました。 2007年3月の大学卒業後、2008年3月に来日し、就職しました。選考方法は、まずは書面審査、その後、面接と筆記試験がありました。内定後、入社までの1年間、同期入社予定のメンバーと一緒に当社から派遣していただいた日本語の先生に指導を受け、日本語の会話と筆記を勉強しました。

仕事内容や、東洋システムで働いてみての感想を教えてください。

来日当初は、日本語レベルも低かったこと、仕事の経験も無かったことから、日本でやっていけるのかと不安に感じていました。しかし、飯田社長をはじめ、会社の同僚や先輩たちは非常に温かく、サポートしてくださいました。おかげで、直ぐに会社に溶け込めました。
入社2~3年後には、飯田社長の判断により、中国語講が開設されました。もう1名の中国人の同僚と一緒に日本人社員に中国語を教えました。人に教えるということは、自分にとってとても良い経験になりました。日本語への理解も深まったと実感しています。そして、両国の文化や風土、慣習などについても社内全体に理解が深まったと感じています。

現在は、多忙となり、その講座はお休みしていますが、是非、また再開したいと考えています。 マラソン計測システムのチームにも所属していたことがあります。立川のマラソンイベントにも参加し、ランナーとしても1度参加させていだことがあります。当社は色々なことが経験できるので、非常に嬉しく思っています。飯田社長はじめ、社員の皆さんは、とてもやさしく働きやすいです。

邢 朋朋
夢や今後の意気込みなどを教えてください。

当社の発展を目指して、社員としてより良い仕事ができるように努力したいと思います。 当社は長年中国でビジネスを展開していますが、日本と中国の連携を更に深めるために頑張ります。そして、上海の現地法人では現在、大手金融機関からの仕事を受けていますが、自分も機会があれば、中国現地でのビジネスに携わりたいと考えています。
大きな夢ですが、両国間には様々な誤解が存在していますが、その誤解を解いていきたいと考えています。そうすることで、中国と日本の本当の掛け橋となる人材になりたいと考えています。

陸 二男専任スペシャリスト

【入社年】2009年
【出身地】中華人民共和国 江蘇省 蘇州市
【出身学校名等】合肥工業大学

陸 二男
東洋システムを選んだ理由を教えてください

中国で大学を卒業し、一度、中国のコンピューター関連会社に就職しました。世間でコンピューターが誤作動する可能性があるとされた“2000年問題”への対応に向けて、日本企業が中国人システムエンジニアを採用するため、中国で多くの求人を出していました。そんなとき、知り合いから当社のグループ会社を紹介され、転職しました。
日本で働くことへの不安もありましたが、学生の頃から日本製のテレビ、冷蔵庫などの家電製品は中国国内でも人気があり、日本を身近に感じていましたし、先進国である日本で働いてみたいと思ったので、転職を決意しました。
情報処理技術者の資格を取得していましたので“技術”の就労ビザで1998年に来日し、入社しました。

現在の仕事内容や、東洋システムで働いてみての感想を教えてください。

現在は、東洋システム本社に所属し、システムエンジニアとして働いています。中国でも社会人経験がありますが、企業文化や働く姿勢が両国では全く違うと感じました。日本では皆が協力し合って仕事を仕上げていきます。とても働きやすい環境です。
日本語については、働きながら独学で学びました。情報分野はカタカナ用語が多いので、カタカナを覚えるのも大変でした。就職当初は日本語でのコミュニケーションも難しかったので大変でした。しかし、直ぐに飯田社長が平日の夜や土日などに日本語講座を開設してくださったので、大変助かりました。そしてITの分野は技術の進化が非常に早いので、常に勉強し、頑張らないといけないと感じています。

陸 二男
夢や今後の意気込みなどを教えてください。

当社は中国でのビジネスを長く実施しています。私も社員として、語学力も活かして中日の掛け橋となりたいと考えております。そして、社内の若手人材を育てることでも当社の役に立ちたいと考えています。