TSC

Blog

東洋システム外観

Blog ブログ

2020/12/22 17:08:09

英語×ITで働く

こんにちは!
入社4年目になりました、第3ICTソリューション本部のR.Sです。

今回は、英語を活用してIT業界で働く事についての記事を書いていこうと思います。


私は英語の専門学校で英語を学んでいましたが、現在はIT業界で働いています。
英語を活かせそうな業界はIT業界以外にもありましたが、就職活動当時の市場においても特に将来性があると感じた事と未経験者でも入りやすいという事から、IT業界で働くことに決めました。

大学で情報処理を専攻して学んだうえでIT業界に就職した方からすると、少し異色に感じる方もいるかもしれません。

ですが、学んだ英語が活かせている部分もありますので、実際の業務で活かせた例をお教えします。


以前参画していたオフショアへの業務移管案件にて、私が顧客から業務を引き継ぎ、私からオフショアへ引継ぎを行いました。

引継ぎ先となるオフショアメンバーの中には、英語でのやり取りしか出来ないメンバーも多くいたため、ここが使いどころだ!と言わんばかりに、積極的に英語を使用してコミュニケーションをとりました。

その事により、オフショア側で翻訳(英語→日本語)する手間を省くことができ、結果として引継ぎをスムーズに進めることができました。

プロジェクトマネージャーやオフショアメンバーから「助かっている」との感謝の言葉もいただけた事で、自信につながる経験となったと思います。

また、そういった実績から、会社HPの英訳も任せていただいたりと、仕事の中で英語を活かすことが出来ていると感じており、こういった機会を与えてくださった方々に感謝しています。


もちろん、英語はあくまで1つのツールに過ぎないため、それだけで仕事ができるわけではありません。

ですが、専門学校で学んだことを活かしつつ仕事が出来ているという点では、『英語を活用してIT業界で働く』という選択は、決して間違いではなかったです。

今後も、活かせる案件に携わる事になった際には、存分に強みを活かしていきたいと思います。