東洋システム株式会社

About us

東洋システム外観

Quality & Security policy 品質管理・
情報セキュリティについて

品質方針

当社の経営理念に掲げる「私達の挑戦」に基づき、
以下の品質方針を定め、工夫第一でお客様と共に発展して参ります。

  • 顧客の期待するものをよく聞き、より早く、実現・提供することで、顧客満足度を向上させる。
  • 変化する市場ニーズ・顧客の要求に対応できるように、品質マネジメントシステムの継続的改善を実行し、定期的に見直しを実施する。

情報セキュリティ基本方針

当社は、お客様の信頼に応えるため、
当社が取り扱うお客様の情報資産を含む全ての情報資産を
あらゆる脅威から守るために、情報セキュリティ基本方針を定める。

  • 当社は、情報資産の保護を事業上の最重要課題の一つと認識し、全社をあげてこれに取り組みます。
  • 当社は、すべての情報資産に対して情報資産管理者を明示し、率先垂範して情報セキュリティ保護管理対策を講じます。
  • 当社は、設備・技術・制度などの各側面から情報資産の保護管理対策を講じ、情報セキュリティ上の問題に対して発生の予防を図り、万一の問題発生に対しては迅速に対応します。
  • 当社は、情報資産を保護するにあたり、関連法令、業界標準を遵守し、具体的施策を明文化のうえで実践するものとし、かつ継続的改善を図ります。
  • 当社の役員・社員・協力会社社員その他当社の業務において情報資産を取り扱うすべての者は、本情報セキュリティ基本方針を遵守し、その違反に対しては明確な責任を求めます。
  • 外部委託を行う際には「外部委託に関する手順書」に則り、適切に外部委託先を選考し、且つ、当社と同等以上のセキュリティレベルが維持されている事を確認して参ります。
情報セキュリティ目的
社員の情報セキュリティに対する意識の向上及び、顧客からの信頼性の向上
情報セキュリティ目標
個人情報や機密情報の漏えい、紛失事件・事故を起こさない

最終改定日 2017年04月01日
東洋システム株式会社
代表取締役社長 飯田 哲郎

ISO27001/ISMS

ISO27001/ISMSについて

当社では、国際規格であるISO27001(ISMS)を2004年に認証取得して以来、これに基づいた情報セキュリティマネジメントシステムを構築し、継続的な改善を行うことで、お客様、お取引先様に満足いただけるよう適切に情報資産を取り扱います。

Environmental management 東洋システムの環境経営

自らの責任において
地球環境保全に取り組み、
持続可能な社会づくりに貢献します。

行動指針
環境関連の法規制を遵守し、実行します。
廃棄物の削減と資源のリサイクルの推進、
省資源、省エネルギーに努めます。
環境に配慮した商品開発、
技術開発、資材調達を行います。
社会の環境活動を積極的に支援するとともに、
社員の活動参画により、社会に貢献します。
自然環境や生物多様性に
配慮した活動を推進します。
企業市民として、地域の環境美化・
環境啓発活動に参画します。
カーシェアリングを導入し、共有資源の利活用

環境ポリシー

東洋システム株式会社は、システム開発・保守・運用、営業活動、その他の企業活動において、環境に対し以下の通り配慮し、社会に貢献して参ります。

  • 企業活動で電気・水・紙・ガソリン等のエネルギー・資源の消費に配慮し、節約して参ります。
  • 資源ゴミは可能な限り分別し、資源として再利用して参ります。
  • 環境関連法規を遵守し、環境保全に努力して参ります。
  • 当社は、情報資産を保護するにあたり、関連法令、業界標準を遵守し、具体的施策を明文化のうえで実践するものとし、かつ継続的改善を図ります。

以上、本環境ポリシーを社内外に周知し、その実現に向けて努力して参ります。

2015年04月01日
東洋システム株式会社
代表取締役社長 飯田 哲郎