東洋システム株式会社

TSC Technology

東洋システム外観

Global Challenge グローバルチャレンジ

多摩発!先端技術でグローバルにチャレンジ

地図アイコン

多摩発

私たちは多摩で育み、多摩の発展に貢献します。

PCアイコン

先端技術で

私たちはICTをベースに他社や大学と連携し、TSCならではのアイデア・視点でお客様の発展に貢献します。

地球アイコン

グローバルに

私たちの知恵・技術をグローバルに展開いたします。

Challenge

私たちの知恵・技術を
グローバルに展開いたします。

東洋システムは、基幹業務・生産管理・物流システムの開発、クラウドやERPなどITを活用した各種ソリューションサービスを提供する独立系IT企業です。
立川を拠点に地元・多摩エリアで屈指の規模を有する当社は、多摩エリアに拠点を持つ一部上場企業の大手メーカー様をはじめ幅広いクライアントに対して、独立系IT企業の強みである系列にこだわらない最適なシステムの提案で、クライアントの各種業務の効率化に貢献してまいりました。
高いサービスと厚い信頼で、クライアントの8割が20年以上のお取引を継続しています。

また国内だけにとどまらず、中国をはじめアジア各国にも進出。中国では上海に現地法人を設立し、金融系システムやスマートシティプロジェクトなどに参画しています。
ほか、インド、ベトナム、ラオスなどアジア諸国とのIT事業連携にも積極的にチャレンジしています。

最新技術を活用したシステム開発

東洋システムでは、最新技術を取り入れながら各種システム開発・ソリューションを提供しています。最近ではクラウドサービス・RFIDを活用したビジネスにも注力し、AI・IoTを利活用した産学連携の研究開発、音声合成によるオートコールシステム構築などにも取り組んでいます。

クラウドサービス

Amazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloud Platformなど、オンプレミス環境ではなく、クラウド上での仮想サービスを提供することが一般的になりました。当社もクラウドサービスの専門技術者を社内で育成し、様々な業務課題のソリューションの一つとして提供しています。Office365はワークスタイルの変革をもたらします。クラウド環境は場所に依存しない柔軟なサービスを提供します。昨今の働き方改革、DXの実現には欠かせない技術分野になりますので、当社も積極的に取り組んでいます。

クラウドサービス

AI・IoT

当社は常に最先端技術にチャンレンジしています。その一つとして、産学連携の研究開発があります。多摩地域には研究課題に取り組む大変優秀な大学が沢山あります。現在、当社は地域の大学と連携し、大学の強み、企業の強みを活かし、AI・IoT活用した「露地での収量予測と最適灌水制御AIエンジンの開発」に取り組んでいます。
AI・IoTは私達の未来を大きく変える力を持っています。当社はこのAIの技術を社会の明るい未来に活かすべく日々挑戦しています。

AI

動態調査運営支援(RFID活用事業)

RFIDタグを活用し、各種イベントや大型商業施設における動態調査をサポートしています。各調査ポイントに計測機材を設置し、通過した人数や時刻などのデータを取得・集約することにより、その会場でどれくらいの人がどれくらい過ごしたか、滞在時間や動線など来場者の動態を推測できる調査をサポートしています。

動態調査運営支援

マラソン大会運営支援(RFID活用事業)

RFIDタグを用いたマラソン計測システムを構築し、全国各地のマラソン大会で運用しています。RFIDタグを付けたランナーが、中間ポイントやゴール地点に設置されたゲートを通過すると、タイムや順位など自動計測されるしくみで、数千から数万人規模のマラソン大会でも活用いただけます。

RFID活用事業

ヒューマンインターフェイス研究開発

誰もが安心して情報通信を利用できる環境創造のため、産学官連携でヒューマンインターフェイスの研究およびシステム開発に携わっています。当社では、膨大な音声合成データや文字認識データ、画像認識データを収集・解析より、音声合成システム等の開発を行っています。

ヒューマンインターフェイス研究開発

音声合成によるオートコールシステム

納税等の催促やアンケートの実施などの業務を、合成音声によるオートコールでまかなえる自動発信電話サービス「リマインダーシステム(HOYAデジタルソリューションズ提供)」を展開しています。地方自治体や都市ガス企業様、住民意識・調査会社などで活用されています。

音声合成によるオートコールシステム