TSC

Blog

東洋システム外観

Blog ブログ

2021/01/06 15:07:46

IT業界に転職したきっかけ



こんにちは、入社2年目となります、第3ICTソリューション本部1部のT.Hです。転職組でIT関係の仕事は14年目となります。写真はうちの次男ですが、コロナ禍で学校閉鎖の時にタイピングの練習をさせていました(笑)。

●IT業界に転職したきっかけ
私は元々異業界で営業職をしていましたが、26歳の頃にIT業界に転職しました。IT業界に興味をもったきっかけは、ITバブルでしょうか。2002年頃でしたが、ヤフーの株価が400倍以上も膨れ上がるのを見て、月並みですが、将来も職に困らなそう、給料が良さそうという印象を受けました。IT業界に来る前は、ある商社で営業をしていたのですが、お客様に技術的な支援が十分にできないもどかしさもあり、エンジニア職への転職を決意しました。
未経験からITエンジニアに転職できた理由は、雇用形態や給料に拘りがなかったからだと思います。最初は派遣社員としてあるPCベンダーの工場で働いていましたが、給料が少なかったため都心の受託開発企業に転職しました。そこが最も大変な時代だったと思います。


●転職先で教わったエンジニアとしての「姿勢」
その企業は、IBMのNotes製品に強みをもち、官公庁や金融機関への導入実績も豊富で、転職直後に早速プロジェクトに参入しました。赤々と燃え盛るそのプロジェクトは、仕様変更と機能改修の繰り返しで納期もひっ迫し、眠眠打破やRed Bullを飲みながらプロト開発支援やテスト仕様書の作成に明け暮れ、社長と半同棲の日々を過ごしました。
当時の社長に教えて頂いたのは何よりもエンジニアとしての「姿勢」でした。社長曰く「スキルや経験よりも重要なのは、積極性、素直さ、約束を守る等の人間的素養。スキルや経験がなくてもそれさえあれば何とかなる。逆にそれが無ければどこに行っても厄介払い。積極性がなければ経験が積めずスキル不足に陥り、素直さがなければ上級者の教えを吸収できず成長できない。また約束を守らなければ信頼を得ることができない」。エンジニアは、スキルや経験も大事ですが、仕事の多くは関係者間の確認や調整だったりします。チームで動く以上、人間的素養が欠如していればプロジェクトでは行き詰まってしまいます。

●東洋システムに入社した理由
東洋システムに入社した率直な理由は、近いからでした。都心への満員電車に疲れていましたし、たまに保育園の送り迎えも必要でしたから立川の自宅に近い事が条件でした。
しかし、大手の転職エージェントで探しても多摩地域で仕事を見つけることが難しかった為、ハローワークを利用しました。ハローワークで弊社を見つけ調べたところ、TJKに加入している点で期待値が上がりました。首都圏のIT企業で働くなら、保険料が安く福利厚生が手厚い関東ITS健保やTJKに加入している事が条件の1つだったからです。子どもを3人扶養しているため、インフルエンザ予防接種の補助金も有難いです。
また採用面接の際に、当時のマネージャーから、今後のビジョンとして23区内の上場企業にも劣らない組織にしたいとの言葉にも共感しました。ワークライフバランスの観点からも、満員電車で通う都市集中型よりも、立川を初めとする23区外地域の活性化が今後の社会にとって望ましいと思っていたからです。withコロナもあって、その傾向は更に強まっているのではないでしょうか。
最後に、弊社の代表が紹介していた言葉をお借りして終わりにしたいと思います。感謝の反対語は何か、それは「当たり前」になります。社員が企業に対し、どれだけ成果を出しても当たり前で片付ければ社員の士気は下がり、企業が社員に対し、どれだけ良い環境や待遇を与えても感謝の意識がなければ組織は疲弊します。
モノやサービスが溢れる時代だからこそ、感謝の気持ちを忘れない、その理念に共感した事もあって、私は東洋システムで働かせて頂いております。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。