TSC

Blog

東洋システム外観

Blog ブログ

2020/09/30 13:17:02

入社してから一番勉強になったこと

 はじめまして。新卒1年目のK.Kです。

 私の「入社してから一番勉強になったこと」は、ひとえに「コミュニケーションの大切さ」です。

 私は現在、通信事業会社のお客様先に常駐しながら、主にデータベースから任意のデータを抽出する業務を担当しています。お客様先の様々な部署の方から、業務を行う上で必要なデータの抽出依頼をいただきます。例えば、キャンペーンハガキの印刷に使うための顧客のリストを抽出したりする業務です。

 こちらのデータ抽出業務ですが、データのやりとりは基本的にメールにて行っています。そのため、ITが苦手な部署の方からの問合せがあった場合、分かりやすくメールの文章で伝えるのは非常に難しいと感じました。抽出依頼についても、データベースの全てを知っているわけではない自分が、お客様がどういうデータを求めているのかを文章から読み取らなければいけません。よって、不安なところがあれば、確実にするためにもコミュニケーションをとらなければなりません。
配属されて間もない頃は、業務知識が浅いうえに、コロナ禍の緊急事態宣言の影響で自宅での自主学習からスタートし、時折出社し作業を覚えていくという形でした。実務経験もなかなか積めず、また現場の人ともコミュニケーションがとれない状況が続き、帰属意識が薄いまま時間だけが過ぎていきました。

 そんな中、ようやく緊急事態宣言が解除され実務経験を積めるようになると、現場のお客様とのコミュニケーションを重ねるごとに自信がついていきました。最初は自分の伝えたい事がうまくまとまらず、お客様とメールで連携をとっていくことが正直しんどいと思いもしました。しかし、直属の上司をはじめ一緒に仕事をしている東洋システムチームの温かいフォローもあり、一人で仕事ができるところまで成長することができました。今ではお客様に「助かったよ」と言ってもらえるその一言がやりがいになっています。

 コロナ禍というイレギュラーの中での入社でしたが、今まで以上にコミュニケーションの大切さを学ぶ事ができました。これからも先が見えない状況の中での仕事が続きますが、テレワークなど新しい働き方に挑戦しつつ、より価値を生み出せる人材に成長していきたいです。